中村総研デンタルケア株式会社

Facebook Twitter

中村総研デンタルケア株式会社

Instagram YouTube

歯科技工士の魅力

(YouTube)

 インプラント

・セラミック担当

 奥田拓也が語る

 

 

歯科技工所の番犬

ふじこちゃん

歯科技工所にお見えの

多くのお客様を

お迎え致します

 

弊社の活動が

掲載されました

松風ハイブリッドレジン

セラマージュDUO

PRODUCTS  USER’S  REPORT

↓ ↓ tap

松風VOICE Vol.76 

 

成長と発達期における

咬合誘導装置

オーバーレイ

&拡大床装置

0歳から乳歯列期、混歯列期の成長と発達期にあたり、咬合誘導治療を行うことで、永久歯が上下左右にバランスよく萌出し、理想的なかみ合わせ状態に近づけることが出来ます。15歳前後で生え揃う永久歯28本一個一個の歯の形態は、遺伝子情報により、きれいなかみ合わせになるような形状になっています。それぞれの歯が、顎骨の本来の位置から萌出して行き、上の歯と下の歯が、それぞれの凹凸でしっかりと咬みあうことは重要で、咬みあって初めて、口腔内の健康状態を維持できる基礎が出来ます。この咬合誘導された理想的な口腔内を手に入れることは、不正咬合を予防することであり、生涯、成人期を経て、老年期へと加齢にしたがい、齲蝕や歯周病などの口腔内疾患に対して、予防することにもなります。成長期までの咬合誘導で、一生涯使用する歯を機能的状態に配置することで、未病予防に繋がるものと考えます。

 

 

 リポジショニング

スプリント

 

 

 

 

無歯顎

診断用人工歯排列

 

私たちは

「顎関節と歯の機能が調和する

かみ合わせ歯科技工」を通して

人々の豊かな生活と

社会の発展に貢献します 

 

常在菌バランスケア

 

バイオブロック

ゆりかごから旅立ちまで

健康のよりしろとして

かみ合わせの構築

かみあわせの質を高め、

未病を予防する

 

 

オールセラミックス

かみあわせの質(QOO)を高め、生活の質(QOL)を高める。むし歯治療・歯周病治療・かみ合わせ治療・顎関節症・入れば治療・インプラント治療などほとんどの治療に共通することは、上の歯と下の歯とかみ合わせバランスと、顎を動かす顎関節の動きを調和させることで、かみあわせの機能性が向上し、治療の質が高まります。特に歯ぎしりなどのかみあわせの大きな「力」は、虫歯菌や歯周病菌ともリンクし、口腔内の疾病に大きく影響を及ぼします。かみ合わせの「バランス」が狂うことで、全身の身体の状態にも影響を及ぼすことがあります。かみ合わせの質を向上させ、口腔内の機能性を高め、健康を保つことで、毎日の快適な生活をおくっていただくことが私たち歯科に携わる者の使命と考えます。

 

ギルバッハ咬合器

咬合平面板による

左右咬合平面検査

成人期において、歯の萌出ポジションのバランスが悪く、歯が本来咬むべき歯どおしが咬みあっていない場合は、矯正治療で28本の歯の位置を正しい位置に修正するか、差し歯や入れ歯の歯科の材料を使って、その正しいと思われる位置に義歯で置き換える治療を行うことになります。小児歯科・口腔外科・矯正治療・審美歯科・インプラント科・予防歯科などの各専門分野を「かみ合わせの質の向上」(生理学的な統一的咬合理論)という一つの括りで統合することで、ゆりかごから旅立ちまでの期間「未病・生活習慣病の予防」を目的とした「歯科」を目指せることが出来ます。患者さまの現状の問題点と固有の理想的な生理的かみあわせを探るために、顎機能運動や、頭蓋骨X線写真、顔貌写真など、多くの診断データを採得分析し、原因の除去するための治療方法を探ります。永久歯が疾病で欠損した状態の欠損歯列となった場合は、歯が欠損した原因を探ります。原因を除去しない限りは、入れ歯やインプラントなどで、欠損部位を置き換えても、問題が生じ再発する可能性があります。原因を探るにあたり、顎機能運動や、頭蓋骨X線写真、顔貌写真など、多くの診断データを採取分析し、原因の除去するための治療方法を探ります。

 金属床を使用した

BPSデンチャー

 

プロビジョナル

クラウン&義歯

サイレンサー

(睡眠時無呼吸症候群対応

マウスピース)

患者さま一人ひとり個別の口腔内の状況に合わせた歯科技工を提供し、一般歯科、小児歯科治療 口腔外科治療、齲蝕治療、歯周病治療、顎関節症治療、審美歯科、インプラント治療等の歯科技工分野を担当いたします。

ハイブリッドレジン

セラマージュDUO

審美義歯

かみあわせの質を高めることに

貢献できる歯科技工の魅力 

歯科技工士は、看護師、放射線技師、作業療法士など多くの医療系国家資格ライセンスの中で、かみ合わせを構築できる専門家として、唯一無二の大変重要なは職業であると考えます。成人の人間の身体は全部で206パーツの骨から成り立ち、重力に対して骨で支えて生活しています。おおよそ50歳を過ぎた頃から、骨粗しょう症になるリスクが高くなり、骨折しやすくなり、超高齢化社会といわれていく中で、イキイキとした加齢を重ねる上で、骨を強くして骨折しないように予防することは重要な課題であると考えます。合計206パーツの全身の骨の内、上顎骨と下顎骨の2つだけは、骨粗しょう症になりにくいと言われています。人間の命・生存につながる栄養をとる口元の骨が、最後まで保ってくれることは、そこに大きな使命があると考えることが出来ます。その大切な上顎骨と下顎骨の大切な「かみ合わせ機能」を、私たち歯科技工士がその構築に一役を担う職業であることは、重要な価値あることであるといえます。大きな歯科技工士の使命・価値を今こそ認識いただけるよう、若手の歯科技工士の人材育成・教育に向けて、国民の皆様に伝え、邁進していきたいと考えています。

  半調節咬合器による

顎関節と側方ガイドの

バランス付与

アーチ計測

顎関節と調和した

各歯牙のガイド設定

KKD(機能回復義歯)

スタビライゼーション

スプリント

パラレロコーヌス

F1ミリングマシーン

見えない

マウスピース矯正

クリアアライナー

(CA認定歯科技工所)

ストローマンCARE’S

CAD

歯科技工に関して

お困りのことが

ございましたら、

何なりとご連絡下さい。

統括 マネージャー

茶木祥行(ちゃきよしゆき)

 

直通番号

080-8945-9184

会社TEL&FAX

0748-25-1757

 

ご利用時間

平日8:00~18:00まで

 

    メールアドレス

info@ndentalcare.co.jp

住所

〒527-0074

滋賀県東近江市

市辺町2396番地